【Go Walk!】申請!(4回目)

最後の一押しでURP化してみたが、結果、10fpsほど遅くなったんでキャンセル(;´Д`)。使ってるアセット毎に変換処理したり、細かいとこを修正したりで2日がかりやったが、無駄になってしまった。

そうしてリリースビルドをして、チェックしつつビデオキャプチャして、ストア用の画像とPVを作り直して設定。画面がずいぶん変わっちゃったからなあ。「画像は開発版です」で済まそうとも考えたが、あまりに差がありすぎなんで作り直した。PVが久しぶりだったんでPremiereだったらどーしよーかと思ったが、Davinciで作ってた。よかった。

ということでようやく申請ボタンぽちー。さーどーでしょー。

【Go Walk!】ほぼほぼ完成

2回目のワクチン接種から1週間ちょっと、体がえらいダルくて調子が出んかったけど、そろそろ平常運転の今日この頃。

それでも早く申請したいんで、Go Walk!の仕上げ作業をしてたけど、地形の細かいところを分割処理で調整したら、ポリゴン割れをあちこちで起こしててえらく時間がかかった。

そうして何とか修正も済んで、さあリリースビルドすっかー!と思ったら、目に入った。

アプリ開始直後、ゴー君とウォークさんが読み込み中にステップするシーン
そしてメニューが出るタイミングで、ゴー君に微妙な異変が

ん?

ゴー君、何か出てない?w

何か出てる!

いやマジなんやねん!と思ったら、表示品質を最低まで下げてたせいで、ポリゴン数が下がってて、足のポリゴンがズボンのポリゴンからはみ出てただけやったw。いやしかし、よりによって誤解を受けるようなズレかたせんでもええやろと。

FPSも出たんで、表示品質下げる処理を解除して、無事正常表示になった。変なところでリジェクト食らう可能性とかマジ勘弁やでホンマ。

SCI FI CHARACTERS MEGA PACK VOL 2、開封

「開封」っつっても、Unityで開いたってことで。

ようやくすっかり体調が戻ったかな感。いやあじわーっとしんどいってのは気分までホンマしんどい。

そして待ちきれず、こないだ買ったHumble BundleのUNITY FPS Games and Game Dev Assetsに入ってた、「SCI FI CHARACTERS MEGA PACK VOL 2」をUnityにインポートして、Oak Forest Environmentのデモシーンに全キャラ置いてみた。

環境はM1 Mac MiniにUnity 2020.3.7f1(Metal)。

いんやすんげー。造形も、質感も、モーションも、相変わらずのハイパークオリティですげー。特にでっかいのが3体も入ってて迫力すげーw。

シーンのポストエフェクトがそのまんまでギラギラし過ぎてんのがアレですが。ポストエフェクトをオフった感じもリアルでよさげ。

ポストエフェクト外れると上みたいな感じ

モーションも、そのまま置いたプレファブにはその一部が割り当てられてるだけで、全部見るのが大変なくらいにがっつり入ってる。すげえ。

まだ何に使うとかは無いけど、早く面白い何かに使いたい。

しかし、Questにこの動画の様なクオリティはとても無理なのが残念な(PCVRでは何とかななるかもやが)。うーん。

Humble Bundle、また来た!

前回のFantasyに続いて、今度はSci-Fi(日本で言うSF)!

Humble Software Bundle: UNITY FPS Games and Game Dev Assets (pay what you want and help charity)

今回は、$1で4点、$24.19で9点、$25以上で26点!

いやまたギュウギュウに詰まってますなあ。特に個人的にはSCI FI CHARACTERS MEGA PACK VOL 2!高品質なSF向きキャラが30体(20体スタートで追加していく構成らしいがもう全部入ってるのかな?)入り。ここのHEROIC FANTASY CREATURES FULL PACK Volume 1を以前に購入してて、Go Walk!に使わせてもらってるが、造形がすげーリアル。しかもモーションがまた素晴らしい(何故にAssetページで動きの動画を載せてないのか謎。まさかモーションが付いてないって事は無かろうに)。

シーンからキャラクター、Fast Person System、Third Person System、音、BGM、UI、その他あれやこれやがぎっしり詰まって、これだけでUnityでかなりガッツリしたFPS、TPSゲームが作れちゃうという超お買い得品!そしてまた英語マニュアルと格闘しつつ使い方をマスターしない限りは積みAssetが増えるだけという呪い。(;´Д`)ギャー!

こんなにぎっしりを3千円程度で提供していただけてありがたい😭。儲かって還元できる日をお待ちください😆。


そういえば、Go Walk!。前回のBundleに入ってたPolaris 2021のおかげで、ようやく60FPS近く(一時的には超えてる!)に上がって、これはもう一押し!と、早速で前回のBundleに入ってたBakeryを使ってライトを焼いて見たが、途中でメモリが食われまくって落ちた orz 。

取りあえず小さいシーンを作って試してみたが、確かに早くて、デフォのGPUベークよりきれいやったが、やっぱ粗いねんなあ。

Bakeryの方は、建物玄関のピンポイントライトとか光量3倍にしても分らんし、影もジャギい(まあこれはこれで味があって好きやけど)。

しかし、ある程度広くなると恐ろしく時間がかかるし、そもBekary使うにはメモリが足りんすぎる。ある程度事前に分割して個別で焼くしか無いんかな。まあ残念。

Finder、検索結果のファイル削除ができんようになっとる(;´Д`)マジカー

昨日のセキュリティアップデートの影響か、Finderの検索結果からファイル削除が出来なくなった。(;´Д`)マジカー メンドクセー

コンテキストメニューとか見たら単にバグっぽい感じやが、セキュリティ設定が外れてるとかかも知れんがFinderやからな。

WindowsでQuicklookが見つかって浮かれてたら、さらにMacで追い込まれた感。ほんまポンコツ全開は勘弁してくれ。

しかしこれはマジで面倒くさすぎる。

QuickLook!

MacOSからWindowsに完全移行してから、何がダルいって、あれな、Finderのタブが無い。Quicklookが無い。

最近あれやこれやとポンコツっぷりを遺憾なく発揮しまくりのMacOSも、FinderのタブとQuicklookの素晴らしさは他の追随を許さない有能さで、逆にこれが無いExplorerで常に「ぐぬぅ・・・」とストレスがマックスになる。

タブ機能はずいぶん前にQTTabbarってのを見つけて、バギーながらもかなり快適になってたが、Quicklookは見つからなかった。QTTabbar自体にもプレビュー機能があるが、コレジャナイ感なんよな。

で、久しぶりに多めのファイル確認が必要になって、また「ぐぬぅ・・・」となってたが、ダメ元でググってみたら、あった!Microsoft STOREに!そのまんまQuicklookで名前で!

速攻入れようとしたらOSアップデートの絡みかほったらかしてた基本設定のせいかSTOREアプリがフリーズしまくるトラブルがあったが、再起動後に無事インストール。PDFはあかんが、テキストファイルや画像、動画はバッチグー。

あー快適。これでWindowsのネガティブが無くなったかもしれん。あ!Power Automate Desktopをまだマスターしてなかった。

ワクチン2回目接種

1回目接種後の体調不良から、ステップは1日7千歩程度までに抑えた。酒も長い休肝日を取って、間2日くらいしか飲まずで、体重が2kgほど減った。

接種後初日は前回同様、刺したところが夜に鈍痛があった程度で、特に変わらずやったが、2日目、7度台の発熱が1日続いた。微熱と言え、久しぶりの発熱のせいか、やたらにしんどい。解熱剤を飲むという手もあるが、免疫反応として体に頑張ってもらうために、そのまま1日横になる。

寝てる間、アマプラを見てたが、映像は情報量が多くて疲れる。なんで、プライムリーダーで久しぶりに小説を読んだ。リストの最初のやつを選んだが、なかなかにいい内容。

小説とか、コンテンツとしては物足りなすぎてすっかり敬遠してた。最近はゲームも億劫になってきて、歳を取るとはこういう事かと思ってたが、さらに歳を取って色々ダメになったなら、小説を読んで過ごすのもいいかもしれないと思った。

開けて翌日はすっかり熱も下がって復調。抗体パワー。さあてガリガリと仕事しよう。

【Go Walk!】目処

何とか島のサイズをそのままに、50fpsまで出た。しかし、海は諦め。動かすと無理。地形も、後はポリゴン数がどこまで行けるのか、ディティールをどこまで落とすのかって感じで、作業感が掴めず萎える。1週間くらいで片付けて、とっとと申請したいなあ。

いやしかし、思った以上に、ある所から先が色々無理筋で困る。変に「これは外せない」って拘ってても、結局はどーしようもない。そして諦めてまた処理に余裕ができたら「アレが入る」「コレが出来る」ってなって、また始めに戻って、結局どこまで行ってもいたちごっこなんやな。

そうして、間もなく1年が経つ (;´Д`) 。コロナは相変わらずで、途中Quest2への移行があったり、開発環境の完全移行があったり、要素の盛り込みが続いたり、(多分に)Oculusのアップデートで原因究明と改修対応を余儀なくされたり、と色々あったが、まさか1年掛かるとは・・・ (;´Д`) 。まあその期間の大半、7割方が軽量化作業やったっていうのもなあ (;´Д`) 。

しかしまあ、今回のアプリ開発で、色々なスキルがホンマ積み上げさせてもらったんで、今後色々展開していけるだろう事が楽しみではある。といってもまだアレもコレもまだ積み上げんとならんのやが (;´Д`) 。

【Go Walk!】改修作業2

購入予定だった地形をポリゴンで作るPolaris 2021、海面をポリゴンで作るPoseidonが、Humblr Bundle で両方とも手に入ったんで、早速試そうと、引き続きで地形をガシガシと作って行く。

結局必要以上の修正までもやってしまって、全部で丸2日仕事。めんどくさい。

そうして早速で海も置いてみたが、あかん。重すぎ。うーん、やっぱエリアが広すぎるんかー。どうすっかなあ。地形のポリゴン化があんま効果無かったら、Aコースのみにサイズを縮小せざるを得んかもやなあ。

バグかー(;´Д`)

今日は1日、Go Walk!のステージ軽量化作業でひたすら造成作業。集中しすぎてしんどい。

ようやく終わって計測用にビルドしながら(1時間ほどかかる(;´Д`))、そういやHumble Bundleのアセット出たかなーとAssetsStoreを見たが、出てない (;´Д`) 。

と思ったら、朝の問い合わせの返信が来てた。「バグやで」と (;´Д`)マジカー 。

案内の通り(といっても微妙に違うのこれ(;´Д`))、サイトでログインして右上のイニシャルから「アカウント」に入って(Unity ID)、左のメニューから「組織」で自分を選び、「アセット管理」を選ぶと、所有アセットが一覧表示され、Humble Bundleのアセットもあったー。割当されてないー。

そうしてひとつひとつ、割当を設定して、ようやくアセットリストに表示されたー。

めんどくさ。