Oculusストア申請、落ちる、アプリも落ちる

Oculus Goアプリは、結局、苦心惨憺で取り付けたWeatherMakerを除去した。それでも結果30fps程度しか出ず orz で、それどころか外した後でまたエラーの嵐に見舞われ、とりあえずビルドだけ通る状態まで復旧してから、リジェクト理由の、バックボタン処理の追加、権限チェックがオッケーかの確認で、再度申請を出した。

翌日には返ってきて、結果、ストアはリジェクト。orz

しかし、これで基本要件は満たしたようで、Oculusキーは発酵された。キーを配布なり販売なりすれば、ユーザー側で(キーの登録の手間はあるにしても)ストアからDLが可能になった。

ストアリジェクト理由の「まだOculusストアには適していません。」ってのが、fpsだけなのか、内容的なのも含まれるかは分からんが、まあブラッシュアップできればまたチャレンジしよう。

と思ってDLしてみたら、また実行後フリーズする現象が再発してる!orz

見返したらPostprocessのエラー。アップデートでファイルの場所が変わったっぽい。orz

対処法を載せたサイトを参照しつつ修正してローカルで再ビルド、問題なさそうでホッとする。んで、再度アップ。で、ローカルを削除してストアからDLし直してチェック・・・落ちるがな!_ノ乙(、ン、)_

【追記】
何度ダウンロードし直しても落ちるのは、Oculus Go内のアプリのアップデートが出来てなかった(!)からやった。
何やっても落ちるんで、シーン内にバージョン番号を追加したが、全然反映されなくてようやく気付いた。 orz
Oculus Goは静置時にOSやアプリがアップデートされるのは知ってたが、アプリはアップデートがあれば「ライブラリ」の「アップデート」にリストされるもんと思ってたが、そうじゃなかったっぽい(よく分からん)。
Oculus Goの自発的更新がされない限り、ライブラリ中のアプリを何回削除してストアから再インストールしようが、いつまでも旧バージョンが反映されてしまう。なんつー仕様じゃ。orz リムーブじゃなくDisableフラグ立つだけなんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA