前のPLATEAUデータ開いたら作業増えたw

そもそもは数年前、VRの事業化企画のひとつで、施設やランドマークをシーンにVRコースターを作って、イベントのアトラクションとして営業する、という計画を立てたが、当時は機材が大がかりで結局常設するしか無く、試算したら到底採算が合わなかったんで断念。その後、Oculus GoやQuestが出てきて、PLATEAUのサイトが出来て3D都市データが無償公開される!というんで、VRコースターの企画再び!と、先に公開された東京データでシーンを作成したのが去年4月。が、元々重いデータに加えて、当時、謎の劇重現象が起こってたために全然作業が進まず、都庁周辺のシーンを作っただけで、Go Walk!の仕上げ作業もあったんでペンディングしたまま忘れてた。

とりあえずはumechica用にいじってる大阪データが思ってたのとずいぶん勝手が違うんで、確認してみようと、プロジェクトを引っ張り出して開いてみた。作成当時のUnityバージョンからの変換処理と、おまけにfbxデータの再コンバートも始まって、1時間以上経ってもまだ処理中…と思ったが、あーこれもクロージング失敗してるだけなんちゃうんか?と強制終了して再度開いたら数分で開いた。ほんまになあ。(;´Д`)

結局、データを確認してみたら、メッシュ単位がビルどころかポリゴン単位やった。そーいや、それをブロック単位で結合したら負荷もかなり下がるかー、んじゃそっからやるかー、と思ったが、当時謎の劇重現象で全然進まずでペンディングしたんやった(遠い目)。あの数ヶ月間はホンマストレスしかなかったなあ。(;´Д`)

とか思いながら色々いじってたら、あっという間に1時間溶けてしまったw。とっととGo Walk!を進めんとあかんのにこんなことをやってる暇は無いがな、と思いながらも、レール引いてコースター走らせるくらいやったら昼までに上がるんちゃうか?とレールを引き始める。

当てにしてたコースタースクリプトが、本体のアセット自体がすっかりバージョンアップして仕様が変わって動かずで、とりあえず走らせられる程度の修正と、コース作成や確認作業も思った以上に負荷が高くて、結局1日潰れた。(;´Д`)

そして走らせた様子がこちら。

何もかも作りが雑過ぎるwが、まあ無事1日で走ってよかった。実際には走行音も入ってて(PC上の画面キャプチャなんでヘッドセットの音が入らない)、中々に臨場感があって楽しい。PLATEAUのデータは結構見応えあるなあ。

ローラーコースターの企画自体はいつか実現したいなあ。

余談で、最近のGo Walk!は、「今までの経験値と、ここ最近の諸々の再検証、その結果でひねり出したQuest用の最高のレベルデザイン!」として、AppLab絶対通すプロジェクトとして(Unity上ではほぼ想定通りに)「Go Walk! Country」として出来上がったシーンをQuest上で動かしたら、30fpsも出んかったという大失敗の巻で(;´Д`)、それよりその課程で作った普通にUnity Terrain使ったコースの方が72fpsで安定してたんで _ノ乙(、ン、)_ 、そっちを仕上げ中。なんやもう分からん。

umechica:メッシュ編集

昨日は夕方から、Unity上でPLATEAUデータのメッシュ編集ができんもんかと検討。

昔イジった東京のデータは、確認してみたらデータ自体がもう一段細分化されてて、小さいビルでも10棟程度やったんでProBuildelize(メッシュ編集変換)が可能やった模様。そうか。これなら何の問題も無いのにな。この辺の忖度をホンマどうにかしてくれんかな。東京ファーストが過ぎるやろうと。

手持ちのアセットでUModelerという、機会が無いまま使ってなかったProBuilderの上位版みたいなのがあって、使えるかなと入れてチュートリアルをやってUModelerize(UModelerのメッシュ編集変換)してみたら処理が返ってこんかったんで、また明日と放置して寝た。

起きたらMacOSがメモリ不足でギブアップしてた。(;´Д`) 色々終わらしても挙動がおかしいんで再起動。デカ過ぎやな。

寝しなに考えてた、分割は無理でも統合なら?をPolyFewで試してみたが、統合したと思ったら、ポリ数変わらずで、見たら単にマージされただけやった。_ノ乙(、ン、)_くっそ。

もうこれは無駄なあがきと諦めて、またそのうち改めてBlenderでも使って編集しよう。

umechica:ビル群の配置と位置合わせ

昨日は結局18時半になっても終わってなく(;´Д`)、強制終了。状況を確認しようとキャプチャを見返したら、10分ほどで処理は終わってて、終了されてないだけやった。くっそ。_ノ乙(、ン、)_

取りあえずで、データが読めてるのかと、マッピングデータの位置確認。

キャプション入れてみた

範囲が広すぎる!objデータの編集せんならんか。もうBlenderとかめんどくさいなあ。昔イジった時はUnity上で編集した記憶があるが、ProBuilderはあかんっぽいし、あれはなんやったんやろかw?UModelerとかいけるんやろか?

でまあ、マッピング無しなら重くないっぽいんで、今日はビル群を配置した。取りあえず使い道もまだわからんので別シーン設定。

見当が付かずで無駄に時間が掛かったが、まあほぼほぼぴったしでよろしい。

さて、こっからumechicaのディティール方面は現物合わせの造作なんで、資料探しからが必要なんで、見つかるまでは散発的更新になるかもな感じ。

それとこないだからちょっと試してみたい「Go Walk! umechica」。Winに持って行かんとなんで、筋目が変わるからそっちは別でって感じか。

Go Walk!のフリーウォーク版でお使いゲーム仕立てとかフィールドアスレチックっぽくて楽しめそうとか、マルチプレーヤーで今宮戎の福男みたいな、ランダムスポーンで協賛店舗までの競争ってのもおもしろそうやなあと。

umechica:PLATEAU

PLATEAUで大阪市のOBJデータは昨日落とした。

先にUnityで開いとこうかと思ったが、umechicaは朝起きてから9時までの1時間縛りの設定なんで、今朝解凍。

LOD1とー、LOD2とー、LOD2?Quicklookで見ると、うおっ!マッピングされてる!

PLATEAU Viewに無かったから東京だけかと思ってた。

といっても街区の一部分で、梅田?新大阪?街区がバクッとし過ぎてるのと、Quicklookの操作が面倒くさすぎるのとで、どの辺なんかはちょっと並べてみんと分からんな。と、Unity開いてプロジェクトにドロップ。

してから既に1時間40分w。終わんねえなあ。(;´Д`)

umechica:阪急からグランフロント

今日は、阪急からグランフロント。

umechica (22.5MB)*上がっているのは最新版です*操作はwasdで移動、マウスで向き、開いたら1度画面内をクリックしてください(そのうちボタン付けます)。

なんかビルドするたびにサイズが小さくなってるのはなんなんやろかw。

まあこれで一通り通路ができた(堂島辺りは下地作らんとなんで改めて)。

さあこっから各所の細かい所を作っていこうか。先ずは地面の位置を出しとかなやな。梅田一帯のマップ作って填めるか。それと、PLATEAUから建物も置いとこう。残念ながらシロバコやが、各所の接続には十分やろし、なんならマッピングやってもいいしなあ。

umechica:駅前ビル界隈

昨日読む時間の無かったんで、Unityのライティングを解説したブログを読む。VRChat向けやが、なるほど詳細で素晴らしい解説でありがたい。

ということで冒頭はライティング設定を調整して、ポイントライトの位置も移動。後、バウンスを2にして嫌な反射になってたんで1に戻した。

そして今日は、駅前ビル界隈の作成。

うーん。この辺って、地下1〜2階が新旧入り交じって立体的に交差してたりするからなあ。こうはなってないなあ、と思いながらも、まあ取りあえず引いていこうと。上から下の通路を覗くっていうのはちゃんとやろう。後、照明増やすか環境光もうちょい上げるかやな。

と思ってたら、また落ちた。(;´Д`) 今日はずっと、「パッケージを解決中」とやらが出てディスクアクセスが緩慢やった。ホンマ勘弁してくれ。(後ほど原因が判明)

umechica (25MB)*上がっているのは最新版です*操作はwasdで移動、マウスで向き、開いたら1度画面内をクリックしてください(そのうちボタン付けます)。

そして今日はちょっと長めになった作業を終えて、アクティビティモニタをチェックしてみたら、またmds_storesがぶっ込んできてた(最近巧妙に隠れてるなあ)。くっそ。ここんとこまたポンコツ化してたSpotlightのサイレントアップデートでもかけたんか?

使える期間よりポンコツ期間の方が長い上に害悪が過ぎんぞ!と、あまりにムカついたんで外付けHDDを全部「プライバシー」にぶっ込んだ。

そうするとどうでしょう、SSDにプロジェクトを移さんとあかんかーと思ってたDaVinciのプレビュー不調が、途端にサックサクにw!いやホンマ、アップルはいい加減、我がで我がの製品をポンコツ化させんなと。

早く気付いてぶっ込んでりゃあUnityもサックサクやったろうし、なんなら昨日と今日の落ちた原因もポンコツSpotlightのせいちゃうんか!くっそ。

今日のumechica

今日の作業は、西梅田からハービス方面。

umechica (25MB)*上がっているのは最新版です*操作はwasdで移動、マウスで向き、開いたら1度画面内をクリックしてください(そのうちボタン付けます)。

10分経った辺りで落ちた。(;´Д`) こまめなセーブ大事。2回目は早くてよりいいモノができる。落ちたところと昼飯中に、DaVinciで初めてエフェクトを使ってみたが、プレビューが激遅でびっくりしたw。さすがにGPUが貧弱でダメなのか、どっかチェックすれば早くなるのか、今後改善されるのか。エフェクトはWindowsでやらなやな。

照明も、ここまで広くなってくると、今んとこは駅とかランドマークに置いた方が位置とかが分かりやすくていいかもしれない。まあ各部の造作をするまではどっちにしろ面白いも何もないやろけどw。

通路のゴールが見えてきたんでそろそろ各部の資料を集めんとやな。ぐるりとVRカメラで撮りに行くのが一番確実で手っ取り早い気がするが、最近人手が多そうやもんなあ。なるべくググって頑張ってみようか。

umechica進捗

東西線の辺りから西回り。細々してんなあ。とりあえずぐるりとつながった。

早速ベイクして一回りしてみよう。と思ってベイクすると、ライティングが飛んで暗くなる。???設定を変えて何回か試して見るも変わらず。(;´Д`)

コンソールを見ると「Assertion failed on expression: ‘m_PendingLightmapHashes.size() == m_LightmapCompositeHashes.size()’」のエラー。エリアが広すぎるんかな。

通路のオブジェクトをコピペしたら正常なライティングになったが、一部は反映されてない。そういやなんか光源数に制限あるとか随分前に見た気がするなあ。

そして、ビルドを動かすとブロックノイズが酷い。あかん。(;´Д`)

ググると、ライトのRander ModeをImportant(重要)にするといいんじゃね?とあった。ベイクすると変わらんかったが、コピペすると適用されて、全ての光源があった。よかった(その辺の事を書いてるっぽい記事も見つけたんで後で読む)。

照明もまだよう分かってないやつのひとつやからなあ。どこまで行っても知らん事ばっかりやなあ。

umechica (27MB)*上がっているのは最新版です*操作はwasdで移動、マウスで向き、開いたら1度画面内をクリックしてください(そのうちボタン付けます)。

ビルドを動かしてもブロックノイズが出なかった。(これはもしかしたらリアルタイムGIをチェックしたとかのせいかもしれない(が分からない))

ちょっと色々イジりすぎて雰囲気が変わってしまったがまあいいや。今日はここまで。

umechica更新

umechicaはぼちぼちやっていこうかと思ってたけど、せっかくなんで、毎日1時間作業してサイトにアップしていく事にした(いつまで続くか・・・w)。どういう作業をしているかが誰かの何かの参考になるかもやし、それを見た誰かの何かにつながればいいなと。お仕事お待ちしております。

という事で、今日の進捗。

umechica (28MB)*上がっているのは最新版です*操作はwasdで移動、マウスで向き、開いたら1度画面内をクリックしてください(ボタン付けます)。

ちなみに、使用環境は初代M1 Mac miniにUnity 2021.3.0f1(シリコン)。結構サックサクで改めてM1パワーやなあ。umechicaはMacで作っていこう。最近使ってるRiderFlowが未対応なんで面倒くさい。

取りあえずは通路をつなげてって、ランドマークを作ってって(今んとこ、どこがどこやらやしなあw)、ある程度出来上がったら、色々と何かに仕立てて行こうかと。

さっき思いついたのは、ランダムにターゲットポイントのリストが出て、順番に回っていってタイムアタックとか。それ自体は面白んないけどw、景品が出たりしたら暇つぶしにはなるやろし、プロモ的な使い方もできるかもなあと。マルチでできれば同時スタートもおもしろそ気。まあそれも含めて検討してみよう。

(1時間としたけど、ビルドしてキャプチャを編集してブログ書いてってのにプラス1時間かかるなw。字幕でも入れようかと思ったけど無理ぽw。)

umechica上げた

ここ最近の自分のUnityスキル整理で、手持ちAssetsの再確認も一通りした。結局Meta Quest(旧Oculus Quest)ターゲットの開発は、あれこれの軽量化ツールは全く役立たずで、地道な出し消しと、ベースの軽量化しか無いなあ、とようやく理解。青い鳥を探しに行ったら元からいませんでしたよ。それはあなたの妄想でしたよ。っていう。oh。この5年のVR関連は悉く逆張りしてんなあ。

まあ悲嘆に暮れていてもしょうがない。暗いと不平を言うよりも、進んで明かりを点けましょう。プーヒャッヒャッヒャープーヒャララー やでな。

そして、去年だったか随分前に決めた、色々作った細々したのも積極的にサイトに上げていこうという方針も、(すっかり忘れてたが)改めてやっていこう。

まあ思考が昭和製なんで、「さあ上げよう」って時に、つい「いや、せっかくならもうちょっとここをこうして」「ここはこんな感じにブラッシュアップしてから」ってやってるうちに→上げるのを忘れて放置、→技術的難題にぶち当たって放置、っていうパターンやからな。作る→上げるってサイクルで細分化してイテレーション化していかんとあかん。

ということで、早速昨日のumechicaを上げた。まだ全通路じゃないし、通路以外何もない。wasdの前後左右の移動とマウスでの方向だけ。あと意味の無いジャンプと。何も落ちてないし何のアクションも無し。

umechica (27MB)*上がっているのは最新版です*操作はwasdで移動、マウスで向き、開いたら1度画面内をクリックしてください(ボタン付けます)。

昨日だったかにUnity 2021.3がLTS(まあ正式版って意味)でリリースされたんで、早速でApple Silicon版を落として、お試しついでに2020で作ったumechicaプロジェクトを移して、Webビルドした。

せめて(?)で、一部で静かなブームwの「The Backrooms」風に壁を黄色くして点光源でちょいこわ目にしてみたw。

ちょっと向きによってでブロックノイズが酷いんでライトをベークしたのと、g-zipだと何やらエラーで開かないんでキャンセルした。

一人ブレストしてみて、店舗を壁に並べたり(インテリアマッピングとか使えるんかな)、VRChatみたいにワープホールで余所につなげたり(その先はサイトだったり余所のVRだったりゲームだったり)、AIロボやモビリティの実験会場とか、色々思いついたんで、まあぼちぼちイジっていこう。

取りあえずメタバースを名乗るんならマルチユーザ化よなあ。