【Go Walk!】60fps超えた!【TДT】

さあGo Walk!の軽量化ももう一踏ん張り!と作業してたら、1日ずっと作業出来て、「ん?体調が悪くならない(キュピーン!)!?完全復活か!?」と思ったら次の日ずーんと来た(;´Д`)。いや、前ほどじゃないか。いやしかしホンマえらいなこれは。

とにかく残り数fpsを削るぞ!っとなったが、もうあまり手が思いつかない。ということで、先ずは改めて地道に計測。すると、オクルージョンカリングがどうにも効いてない箇所がいくつもあるっぽい。どういうことや?と別シーンで検証すると、結構レイが突き抜けてて、思った以上に遮蔽の厚さや高さが必要っぽい。なるほどー、と、あちこちをとにかく遮蔽しまくる(他に思いつかないんで)。

これでどや!とビルドしてテストすると、50fpsまで落ちた!?なんで遅なるんやー?とさらに検証。どうも、オクルージョンカリングを消去せずに焼くと、更新部分を適当にしか計算しないのか、元のデータがかなり残ってるっぽい。ということで、きっちりクリアしてから焼いてみる。と、60fps超えたーっ!!!いや、行くとこは72fpsまで行く!今までフレーム時間が0.01secと0.03secでチカチカしてたのが、ほぼ0.01secでビシッ!としてる。やったーっ!

そうなると、視界が全域に抜けて極端に落ちるところも遮蔽。そうしてようやく、ほぼ全域で60fps超えた!まあ一部、景観とバーターで残したが、この程度は必要やろうと。

いやしかしー、fpsクリアした空間を改めて見ると、かなり窮屈やな。この程度のスペース感でレベルデザインせんとやねんなあと、改めて思った。そらショボショボゲーしか出てこんわなあw。今時、光がやたらとリアルになって、ちょっとでもその手の表現でもしようものなら、一気に数十fps削られるもんなあ。それはそうで、只でさえ普通の画面に比べて、左右の視差で2枚描かなあかん上に、昨今の高精細化で1枚がほぼ4kサイズ、しかもVR酔い防止の高fps縛りやもんなあ。無理ゲー(;´Д`)。

そういや当初とどれくらい変わったんやろかと、当初の現在のスタート地点を比べてみたら・・・(;´Д`)

(;´ཫ`)ゴフッ うーん・・・ファンタジー感が仕事してねえ (;´Д`) 。

と、とりあえずは通すこと優先やしな (;´Д`) 。通ったら裏コースとかでそっと仕込もうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA