IBM Plex Sans JP

先日、IBMからオープンソースフォント「Plex」の、ゴシック体のファミリーフォント「IBM Plex Sans JP」が公開された。

WinとMacでドキュメントを共有してから、いまいちしっくり来るものが無いままに、最近は源ノ角ゴシックを使ってたが、欧文がパラけてて落ち着かない。いっそWin用にヒラギノとか買うかーとも思ったが、コスパ悪過ぎんよなあ。

で、ファミリーのフリーフォントは毎度のことでお試ししてみたら、ごっつ良かった。字形が源ノ角ゴシックに似てるがこっちのがすっきりと抜けてて読みやすい。そして欧文がスマート。

これはありがたい!と思ってWinにも入れたら、Onenoteでリストに出ない。Mac側で指定すると、表示はされるんで、リストアップされないだけっぽいが、指定できないのは困る。

しかし、ありがたくもTrueTypeフォントもあって、こちらを入れるとリストにも無事出てきて使えた。

クリッピングした記事とか、Win系の書体はどれも読むのにあんま適してないが、このフォントはしっかり読めるし、ファミリーで見出しからキャプションまで使い分けれて非常に良い。助かる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA