エベレストあかんな

修正したビルドの再申請も無事済んで、Quest上で更新されたアプリの実行も問題なし。後は結果を待つだけなんで、Go Walk! エベレストを再開した。が、相変わらずQuest 2本体では実行できない。

とりあえず、PCVRでは実行できたが、Quest 2ではほんの一瞬メニューが表示されるだけで、どうやっても落ちる。うーん。

地形がでかすぎるからなあ、とオクルージョンカリングをかける。が、しばらく枠が生成された後、落ちた。(;´Д`) そうしてから、オクルージョンカリングを何度かけてもエラーが出る。

とりあえずと、オクルージョンカリングの消去を実行したら、Unityが落ちた。(;´Д`)キャー

うーん。訳分からん。何回か試すも変わらずでどーしようもない。とりあえず前回歩いた時に地面にめり込みまくってたんで、コースを修正する。そしてまたビルドして実行するが、同じように落ちる。うーん。

オクルージョンカリングのエラーでググると、まさに同じ議論が。メモリが64GBのマシンでもあかんかったとか無理やーん、と思いながら見ていくと、最後に「Occlusion Areaコンポーネント使うたらええで」と。

どう使うんや?と思ったが、とりあえずでオブジェクトにセットしたら、サイズを入れるだけっぽい。数値を入れるとオブジェクトに枠が付いてるので収まるように入力。そして焼くと、無事焼けた!なるほどー。小さいのは適当にしてくれるけど、でかいのは範囲を指定せんとなんかー。

でかい範囲をオクルージョンカリングで焼く場合は、
Occlusion Areaコンポーネントで範囲を指定するといいぞ。

しかし、エベレストだけでもこれで、周辺地形は更に広い。これは無理やん。なのでパノラマに焼こうと、いくつかのパノラマキャプチャアセットを試したが、今回Unity 2020にしちゃったせいで、どれも対応せず。orz 尽く手詰まり。_ノ乙(、ン、)_

Occulus Integrationに付いてるキャプチャは動くが、範囲が狭すぎて(いや、対象がでかすぎるだけか)使いもんにならず。

なので、2019で開いてキャプチャしようかと、プロジェクトをコピーしたが、かなり時間がかかりそうなんで放置して、そのまま忘れて翌朝気付いたら、まだコピーが終わってない!見たら、ファイル数が200万オーバー!コピーをキャンセルして見ていくと、Occlusioinとかいうフォルダに200万オーバーのファイル。なるほどオクルージョンカリングを最初に焼いて失敗したファイルがゴミで残ってたんか。数十分がかりやったがなんとか削除した。再度焼くためにオクルージョンカリングの消去を実行すると、今回は無事完了。ベイクを100/5でやってたんで、10/5で実行し直すと、時間はかかったが無事成功。

じゃあこれでオッケーか、とビルドして実行するも、変わらず落ちる。_ノ乙(、ン、)_

とりあえず実行だけでもできんと心が折れそうなんで、地形を全て非表示にしてビルド。さあこれでできるだろうと実行すると、メニューも何も出ないまま点滅が続く。

もうだめかも分からんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA