TENET

Amazon Prime開いたら、TENETのレンタル・購入があった。早ーい。メディアリリースと同時なんか?

「ストーリーが解らん!難しい!」「映像が凄い!」と何かと色々話題やったし、HDのせいか400円と意外にお安かったので早速視聴。

うーん。

2時間半を感じさせない展開、というか詰め方は贅沢やなあと思った。それに、やっぱりあちらの演者は主演も脇役も(知った顔じゃ無かったせいもあってか)ストーリーに入り込める巧さやなあ、とも思った。(知った顔はノイズが多いからなあ。途中、「バットマンの執事や!」と思ってもーたしw)

でもなあ、多分に「解らん」「難しい」って部分って、よくある伏線回収を時間逆転で表現してるだけやん、と思った。まあそれを撮影して映像に落とすっていうのはちょー面倒くさいやろうけど、映像に落とさんならんが為に、色々、時間逆転なら整合せえへん箇所箇所が視聴中に目について萎えたのが残念。今時のCGならもっとやりようがあったやろうにと思うけど、実写に拘ったのか?「あれ?」とか「おいおいw」とか思考ノイズが多かったのがなあ。「酸素マスクで解決」ってのもなあw。まあ視聴側に解りやすいマーキングやったんやろけど。

まあ何より、終盤の「ん?この残り時間でそれって、・・・2のパティーンやーん!」っていうな。未解決伏線残し過ぎやん。だからせっかくの冒頭「オレ、オマエ、シッテル」の伏線が今作中で予告編程度にしか落とし込まれない物足りなさよ。(今朝、冒頭だけ見返したけど、やっぱこの「知り合ったあたり」辺、今作に入れんと消化不良過ぎなんちゃうんて?)

くっそ高いIMAXカメラ&フィルムで贅沢に撮った映像ってのも期待やったが、これはIMAXシアターで見んとあかんかったか?と。見る前にちょっとだけ思ったけど、そこまで必要な映像じゃなかったのもちょっと残念(個人の感想です)。オペラハウスの爆発シーンくらいか?飛行機の突っ込むシーンもIMAXで見たら凄かったのかもやな。まあ全般、HDでも十分楽しめました。

文句の多い作品はそれだけ面白かったんやというな(謎フォロー)。リビングモニタを55インチに替えてから、それで楽しめるのがAmazon Primeにはあんまし無かったんで、Netflixにでも入ろうかなあと思ってた所やったが、やっとサイズに見合う作品見れたんで満足感は高かった。

ちょっと冷えてた大作映像欲が少ーし刺激されたんで、4kでリプレースされた過去大作とか調べてみようかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA