食パン焼いた

食パンを焼くには型がいる。型はサイズも様々ならメーカーも多種多様で、まあそもそも石窯パンとかのでかい「丸まんま窯で焼きました」感なパンが好きなんで、わざわざ型買ってまでとか、あんま興味が無かった。

なんならパン焼き始めた当初しばらくは、捏ねるにも使えるしそのまま食パン焼けるしで、ホームベーカリーを買おうかどうしようか迷ってた。結構うるさいらしいのと、悩んでるうちに価格が高騰(2倍以上!)したんで止めた。

まあそれでも食パンは日本のパンとしてトラディショナルなフォーマル感がある。型も千円程度から売ってるし、最近めっきり小丸のクルミパンしか焼いてないし、で、焼いてみるかと。大体まとめて焼くんでサイズは2斤くらいかなあと、相変わらずのAmazonで2斤の型を購入。

届いたら、油を塗って空焼き。オリーブオイルを使ったんで「何年使ってんだ」感が醸し出された。2斤のサイズの適正分量からして分からんので(型に参考レシピも何にも付いてないんな)、いつもと同じ粉500gでイースト、水、牛乳、バターのレシピで作成。いつもと違って、しっかり捏ねる。

行程の勘所が全く分からんので、適当にぐぐったレシピを参考に、1次発酵40分から4分割してベンチタイム。丸めて型に入れたら2次発酵1時間。

型いっぱいに膨らんだらフタを閉める、らしいが、程度が見極め出来ないんで適当。

200度で40分らしいが、焦げ焦げになったら食えない。30分も焼けば取りあえずは食えるだろうと、210度で30分に設定。

あんま焼けてないし、初回なんで型にこびり付くしで、錬成に失敗したなにかっぽくなってしまったが、端を切って食ってみたらまあうまかったんで、まあこんなもんかと。

1週間後2回目。Amazonで買ったココナッツミルク(粉末)が届いたんで、牛乳をココナッツミルクに変更。バターの練り込みを1次発酵後にして、焼き時間を40分に変更。

若干型に足らずで山形パンっぽくなってしまったが、前回よりは食パンっぽくなった。

例によって端を切って食う。ココナッツオイルにしたらミルキー臭がキツい。量が多すぎたか。半分トーストにしてみたらザクザクしてうまかった。まあ買うよりうまい。

すっかり定番の小丸のクルミパンに比べて、しっかり捏ねる、焼き上がったら切る、という面倒があるが、小分けして並べてクープ入れてって行程が無いんで、意外と面倒感無かった。

発酵がいまいちな気がするのは、全部強力粉のせいか、イーストと糖の配分が悪いのか。参考レシピが4分割やったが、2分割にしたら2斤感が出るっぽい。そもそも分割いらん気もする。まだまだ試行錯誤やなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA