Apple vs EPIC

AppleとEPIC Gamesが揉めてる。片や世界一の時価総額企業、片やゲーム業界覇権企業の、ガチの殴り合いで、外野にとっちゃあかな〜り面白いし、ゲーム界隈はもちろん、デジタル系関係業界にとっても今後の大きな流にれ関わるエポックな事件だと思うが、言うほど話題になってない感。と思ったら昨日辺りからニュースとして取り上げられてきた。

事の経緯は、EPIC Gamesがフォートナイトっていう、PCやスマホ用に無料でリリースされてる有名な対戦ゲーム(こないだゲーム内で米津玄師のライブがあったりして日本のゲーム外な界隈でも話題になったりしたが、巨大になるどころか、本人のアバターでもなかった残念感)で、ゲーム内課金でAppStoreやGoogle Playストアで、みかじめ料を逃れる為にゲーム内仮想通貨をこっそり実装したところ、ソッコーAppStoreとGoogle Playストアからアプリ削除を食らい、それに対してAppleには1984のパロディVまで作って「ワレコラ!」って息巻いたら、「お前、8/28でUnreal Engine(EPICが開発したゲームエンジン)で作ったアプリも全部排除な」って、なんなら商業ゲーム業界のシェアトップのゲームエンジンごとApple村から排除っていうぶち切れ対応される←イマココ。w(そういや対Googleのニュースはなんも流れてないなあ)

でもこれApple側もAppStoreやApple Arcadeの上位ゲーム全排除になっから相当痛手じゃね?w 血で血を洗ってね?wって、まあAppleは昔っから「ゲーム?もちろんやるよ!」って口だけで、ユーザやゲーム開発者に冷や飯食わせ続けてきてる戦犯やからな。どーでもいいんかもな。

とりあえずラウンド1の裁判所からの結果は「フォートナイトはまあしゃーない、けどUnreal Engineはやり過ぎ」っつうことらしい。

EPIC Games的には、ここ最近のUnreal Engineの利用料緩和や、開発環境サポートメニューの拡大と拡充、そして未曾有のアップデートとなるUnreal Engine 5の発表もしたとこで、さあここから更なる発展に向けての関ヶ原、として覚悟を決めてのタイマン上等なんやろなあ。w

みかじめ料自体は、同時進行でAmazonには特別割引してて、それを先のGAFAの公聴会で「特別じゃないですよ」って言ってからのヤブヘビ案件化しそうな流れも同時進行してて、もうあかんのかもやね。

個人的には、ゲーム的インターフェースや構成は、次代のあらゆるアプリ、というかコンピュータシーンの構成要件となると考えてる。そのためのインフラとしての独自配信の確立を頑張ってもらいたいし、EPIC Gamesにはその急先鋒としてもっとコメント出してイニシアチブを取ってもらいたいなあ。ぶっちゃけiOSにしろ泥にしろ、市場規模デカくなりすぎじゃね?ストアだけ別会社にするとか独禁法的対応になんでならんのかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA