バッテリー変えたらガラス割れた orz

aliでポチった中華泥スマホはまだ届かないどころか1ヶ月経ってまだ発送もされてない。orz

同メーカーから同時に発表されたもう1台の方がようやく発送され始めたようで、完全にこちらがイチ推し全力傾注の模様で度々アナウンスされるが、購入機種の方は1回「今月中には発送します」みたいなアナウンスが出たっきり。マジカー

出荷されなければ後10日ほどで自動キャンセルされるが、xiaomiが日本進出したり、その後も他メーカーからも同一メーカーからも(!)続々新機種登場しまくりなんで、自動キャンセルを待たずに他で適当なのを選んでしまおうかどうしようか。

そんな1月経った頃合いで、泥スマホと同時に購入してたiPhone用バッテリーが今回の一連の購入での第1便として到着。

指紋認証が搭載されるまではiPhoneのガラスもバッテリーも自己で分解・交換してたが、指紋認証がセキュリティ設定絡みで死ぬって言われてたんで、6sはバッテリーが完全にへたってから正規修理しようと思ってた(でないとAppleは交換修理を受け付けない!怒)が、去年バッテリー不具合対応での1年間の無条件低額修理受付があったんで、これ幸いとバッテリー交換しようとしたら、修理カウンターで「ガラスにヒビが入ってるんでこちらの修理が別で必要です」とか言われたんでそのままにしてた。ガラス修理で1万某の修理費を出すんなら買い換えるやろ!と、そのまんま策略に乗るのもムカつくんで交換を諦め放置してたが、まあ結果その修理費程度の機種に買い換えたったんで、せっかくなんで6sのバッテリーも交換してみようかなあとaliでパーツを探すとせせせ千円!しかも交換道具一式付き!(昔はドライバーだけで千円以上してたのになあシミジミ)という格安っぷりだったんで迷わずポチった次第。

結果的にバッテリーは届いたが、代わりの泥スマホは未だ発送すらされてない状況で、これは来るまで放置やなあ、と思ってたが、目の前にあるのに自制が効く訳が無く、まあなんぞあって全損でもまだ同じ状態の6sがもう1台あるやしー、と交換作業開始。

バッテリーの購入ページにもYoutubeにも、バッテリー交換方法の動画があって非常に分かりやすく、分解はスムースに進んだが、バッテリーを留めてる、引っ張って剥がすタイプの両面テープが途中で切れてしまい、バッテリーを外すのに結果バッテリーをぐにゃぐにゃに曲げながら爆発の恐怖に怯えながら剥がすという面倒があったりしたが、なんとか無事除去に成功、新しいバッテリーをセットして、起動テストも問題無く、バッテリー剥がすのに失敗せんかったらほんま簡単やなあ、と思いながら填め合わせようとすると、これが填まらない。後で分かったが、上部に差し込むように押し付けてから合わせんと、ちょいズレて填まらない。それがわからずグイッと押し込んだ瞬間、ガラスがバッキバキに割れた。マジカー > orz

バッテリー交換に行った際に、ほんの小さなヒビで修理とか!と思ったが、確かにそのほんの小さなヒビから割れた(oh…)が、その後上部を押し込んでスムースに填められた事からして、Appleのワナかと。ワナやな。くっそ。

結果、割れた以外はまったく問題無かった(くっそ)。このままだと指が危険だしゲームするとさらに小さく「パキッ」とかいってたりするんで、速攻アマで強化ガラスの保護フィルムを購入(aliでは1枚100円やが1月も待てない。アマなら1枚最安500円orz)、翌日届いて速攻貼ってヨシ!とした。くっそ。

とりあえず代わりの泥が全く発送されない。強化ガラスのフィルム貼ったんでとりあえず操作に問題は無いが、見た目的に非常に気になる。もう1台の6sに変えようにも、これほど酷くは無いがこちらも割れてるんでダメ。とグルグルしながら、aliでのガラス面パーツの購入は1月先とかあり得ないんでアマで探してみると、なんと2千円程度!しかも移植が面倒くさいらしいボタンとかカメラ廻りが付いたものでも3千円と意外とリーズナブル。で、もろもろ付属の面倒くさくないのをカートに入れたが、なんか地味に面倒くさいことがズルズルと続いてるんでどうしたもんかと考慮中。付属のボタンは指紋認証が無く、指紋認証したかったら現行のから移植する必要があるってのもある。割高で強化ガラスフィルムをもう買っちゃってるやんってのもある。泥スマホ来たらもう使えへんやんってのもある。

そもそもとっとと泥スマホが発送されてればいちいち面倒くさくなかったんやがなあ。もうほんま在庫ありの他機種に買い直すかなーしかしなー熟考に熟考を重ねた最適解の機能構成&コスパのスマホが他に無いからなー、でこっちもグルグルで困る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA