コントローラー取れた Oculus Go

何がめんどくさいって完結環境なんで何かチェックしようと手元のMacなりPCなりに手を伸ばしてもそこから届かないんだもんなー。

正確にはAndroid環境として届かせることはできるが、これがまあ、開発者版だったりもしかしてリリース後早々に変更だったりでか、色々とネットで見つかる情報が既に目の前の状況と色々異なってたりするんで、そんな事に数時間潰すんなら昔の碌なエラー吐かないコンパイル時台の様にトライ&エラーでやった方が手っ取り早いってなもんで。

で、コントローラーの値が取れない、ってえかそもそも「どういう状態にすれば取れるのか」が分からんので、AssetStoreのOculus Integrationのサンプルから色々試して、結局OVRCameraRigにTrackedRemoteつっこんでOVRInputで取れた。

いやあ片手コンでの移動は楽でいいなあ。どうにもVR的なビームやアーチで移動先をポイントしてワープ、っていうのが好きになれずで、内覧デモの操作とかWASD+マウス式での移動でやってたが、片手コンでの移動は無理な指配置とか無しで電動車椅子感覚で操作できて非常によろしいの感じ。ただ本式VRと違って空間位置が取れないんでインタラクションはメニューとかみたいなビームなりでポイントする手法にせざるを得んなあ。

それにしても、合間にVRビデオとかアプリとか試しながらだったが、由々しきことにもう見尽くした感が!せっかく手軽にVRが楽しめるデバイスなのに、肝心のコンテンツが無い!いやお前作れよって話か。そうな。それな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA