いろいろ進まない

あれもこれもやることがどんどん明確になってきてるのはいいが、あれもこれも手が回らなくって進まない。

何をやればいいか、どうやればいいかは分かってる。分かってるからこそ、「もういいやん、やり方わかってんやからやったんと一緒やーんw」というだるい自分が出てきて邪魔をする。30代後半から始まって悪化する一方で困る。

まあそうして後進に譲るというのが人の世の倣いなんだろう。そうして指導や取り廻しに移行して組織を創り大きくしていき社会を構成して行くんだろう。それが大人というものだ。

でもやりたい。人にやらせたくない。あれもこれも全部自分でやりたい。そういう欲張りだというところもあるが、やり方は分かってるしやれるのが分かってるが、実際やってみるといろいろ細かい事態や事象が変わってたりして、うまく行かないことがいくつも出てきてそうは進まないことも嫌と言う程知っている。そうした事を忘れてしまって人に「何やってんだ」と言うだけの無様をしたくない。というか昔してたことをふと思い出して強烈な自己嫌悪に襲われるからできないというのが正直なところですがーますがー。

それでも社会が進むためには役割として変わっていかないといけないんだろうが、幸いというか不幸にと言うか周りに「自分でしないと気が済まない病」の人間ばかりがいるんで、それでいいやんそういうもんだと思えてしまう環境がー。

しょーがない。もう分業とか必要無い程十分に技術や構成が成熟しちゃったんだもの。楽しいんだもの。

とりあえず進む様に頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA